不倫慰謝料を請求された方

ご自身で判断する前に法律事務所つくばコムへご相談を。状況を冷静に分析し、解決方法をご提案します

お悩み

・いきなり高額な不倫慰謝料を請求されてしまった
・相手方から内容証明が届いた。すぐに回答連絡するべきか?
・請求された慰謝料全額、あるいは一部でもすぐに支払うべきか

このような思いがけない状況に陥れば、悩み慌ててしまうと思います。そのような状況で弁護士と相談せず、ご自身のみで対応しようとすると、不当に高い金額で合意させられてしまう等、不利な状況に追い込まれることになりかねません。不倫慰謝料の請求額は裁判相場よりも高いことがほとんどです。支払う義務があるとしても、必要以上に支払う義務はありません。弁護士が代理人となり、状況を客観的に分析し、適正な額まで減額した上で支払うことを、あるいは不当請求であれば撃退することを目指します。

不倫慰謝料を支払う義務が生じる3つの条件

以下の3つの条件が揃うと、不倫慰謝料を支払う義務が発生します。訴訟では、不倫慰謝料を請求する側(相手方)がこれらの事実を証明する必要があり、逆にいえば、相手方が証明できない場合は、支払いを裁判で命じられることはありません。

1.あなたの故意・過失
交際相手が既婚者であるとあなたが知っていた場合(故意)もしくは、既婚者であると知らなかったがそのことに落ち度がある(過失)場合、裁判で不倫慰謝料が認められます。

2. あなたによる利益侵害行為
肉体関係を持つこと=不貞行為です。肉体関係に至らなくても、交際相手と相手方との夫婦関係を破壊するような性的接触行為は、これに該当する可能性があります。

3. 損害、因果関係
上記利益侵害行為によって、精神的苦痛という損害が相手方に発生することが必要です。

既婚者だと知らなかったことにあなたの過失があるかないか、また、相手方が確保している証拠によって不貞行為の存在を証明できるかどうかは、非常に微妙な問題です。対応を間違えると修正が難しい場合もありますので、相手方から請求を受けてしまったら、できるだけ早く、弁護士にご相談ください。慰謝料請求を含めた男女問題に実績のある弁護士が、的確な解決方法をご提案いたします。

解決事例①

不倫慰謝料500万円を請求された→100万円に減額することに成功

・ご依頼者 30代男性 会社員

・相談内容
既婚女性と不倫関係をもってしまい、不倫相手の夫より慰謝料500万円を請求されているとご相談に来られました。この段階ですでに相手方の代理人弁護士によって訴訟が提起されており、裁判所から通知文書が届いていました。ご依頼者も大変慌てていらっしゃいましたので、まずは落ち着いて対応するようアドバイスしました。

・ご依頼者の具体的な依頼内容
ご依頼者としても悪いことをしたと自覚しており、責任をとるつもりはあるが、明らかに支払いきれない金額で約束することはできないので、減額等をお願いしたいということでした。

・法律事務所つくばコムの弁護士による活動
既に民事訴訟が提起された後のご依頼ではありましたが、当事務所が介入して相手方の代理人弁護士と裁判外で交渉を積み重ねました。
本件は、不倫相手とその夫との婚姻期間も長期間である一方、不倫関係をもっていた期間も比較的長期間に及んでおりました。
このような場合、長年の夫婦信頼関係を傷つけた責任は重くなる傾向があります。加えて相手方に夫との子どもがいて、しかも夫とはこの件が原因で離婚したということでしたので、夫側から高額な慰謝料を請求されてもやむを得ない事情もありました。
当方としてもこれらの事情を踏まえつつ、一方で、どちらが不倫関係の開始や維持に積極的であったか、年齢差による責任の割合等も含めて粘り強く交渉をしました。
最終的には裁判所にも事情を説明のうえ、訴訟上の和解を成立させることができました。

・解決の内容
交渉により500万円を100万円に減額(裁判上の和解成立)。
なお、ご依頼者の今後の人生に影響をきたさぬよう、終局的に解決させるべく、相手方には本件に関する守秘義務を負っていただくことを求め、これに同意していただくこともできました。

・解決までに要した期間 2カ月

解決事例②

慰謝料500万円の請求→70万円に減額させることに成功

・相談内容から解決
不倫の相手方として、約500万円の損害賠償請求等を求められた訴訟の被告側代理人を務めました。
原告側夫婦は離婚しており、それゆえ相当額の損害賠償請求訴訟の提起となったものと考えられます。しかしながら、相手方の主張は、一部真実と認めるべきところもありましたが、多くの部分で事実と異なるものでした。そのため、認めるべきは認め、否認すべきは否認し、争点となるべき点は徹底的に争うことにしました。
当方からの主張・反証が一定程度奏功し、相手方も妥協することとなり、結果的には大幅に請求金額を減額させることができました。
結果、和解金額は70万円程度(請求の1/7)となったので、勝訴的和解といえるでしょう。

法律事務所つくばコムが選ばれる理由

●初回60分、無料で弁護士に相談できる
●男女問題の解決に注力しており、実績は多数
●親切で丁寧な弁護士が親身になって問題解決
●平日21時まで対応可能
●費用が明朗でわかりやすい
●ご依頼者の満足度96%

TOP